読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根マニアックス

日本で最もマイナーな島根県のマニアックなスポットを徒然なるままに紹介していくブログ

第一青浦橋梁

少し前、道の駅ゆうひパーク三隅から撮影された日本海をバックに電車が走る光景がCMに使われていましたが、島根県西部、浜田市益田市の境あたりにも、その筋では有名な『第一青浦橋梁』なる撮影スポットがあるらしいです。

しかも大正12年建造。

 

私は電車に乗るのが好きな『乗り鉄』であって撮影するのが好きな『撮り鉄』ではないのですが、とりあえず行ってみました。

 

地図を見ても場所が載っていないので、ネットで検索した情報を元に探します。

とりあえずJR岡見駅

f:id:gaku_bolt:20160625170530j:plain

岡見駅自体、分かりにくい場所にあるのですが。

 

岡見駅から益田方向へ山道を進んで行きます。

第一青浦橋梁への案内看板なんて勿論ありません。

f:id:gaku_bolt:20160625170817j:plain

一回目は完全に道を間違え、ぬかるみにハマるわ、巨大フナムシを踏んずけるわで散々な目に遭いました。

 

曲がるべき場所はこの三叉路です。

f:id:gaku_bolt:20160625171023j:plain

曲がって坂道を下ると、ぐるっと一周するように道がカーブしていて、3つめの角に第一青浦橋梁への道が隠れています。

f:id:gaku_bolt:20160625171243j:plain

バイク右側の草藪に山道があり、そこを下れば橋梁はすぐ。

 

親切にもロープが張ってありますが、雨上がりだったのでぬかるんでいました。

f:id:gaku_bolt:20160625171538j:plain

山道なのに足元には巨大フナムシが闊歩しているので、コケたら悲惨。

 

苦労の末にたどり着いた第一青浦橋梁。

f:id:gaku_bolt:20160625171749j:plain

画像からは伝わりにくいですが、橋脚の高さは25mあるので巨大。

日本海の荒波も激しく、迫力満点です。

 

f:id:gaku_bolt:20160625172308j:plain

間の悪いことに、橋梁は絶賛 塗装工事中。下調べ大事。

天気もどんよりしていて、当然ながら撮り鉄諸氏の姿はありません。

 

山道を下りて行くと、線路の間近まで行けます。

f:id:gaku_bolt:20160625172616j:plain

 

せっかく来たので電車を入れて写真を撮ってやろうと思い、岡見駅で撮影した時刻表を確認してみると、14時台の電車が一本もなく、次の電車まで1時間半以上…。

f:id:gaku_bolt:20160625173903j:plain

なんて間の悪い…。下調べ大事。

 

時間をつぶそうにも近くには本当に何もなく、雲行きも怪しいのでリベンジを誓って撤収…。

 

しかし、ちんたらバイクを走らせて道の駅ゆうひパーク三隅まで戻ったところで、この時間に通るはずのない特急電車と対向。

あれ? 回送電車…?

f:id:gaku_bolt:20160625174024j:plain

岡見駅は特急が止まらないので、時刻表には書いてないのでした。

 

撮り鉄にはなれんな…。(敗北感)