読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

島根マニアックス

日本で最もマイナーな島根県のマニアックなスポットを徒然なるままに紹介していくブログ

上津井温泉

江津市の山奥に上津井(かんづい)温泉なるおんせんがあることは道の駅などに置いてある温泉巡りパンフレットなどで知ってはいたのですが、地図を見ても場所がわかりにくく、おまけに土日の午後しか営業していないということで、なかなか訪問できませんでした。

 

行ったという人の話も聞かないので、自分で行ってみるしかありません。

…と、いうことで実際に上津井温泉へ行ってみましたので、勝手に紹介してみます。

 

場所がわかりにくいのですが、江津市内から江の川沿いに川本町へ向かう国道261号線を進み、JR三江線川平駅へと向かう橋を過ぎた先に、上津井方面へ向かう路地があるので、そこを入ります。

f:id:gaku_bolt:20161011100529j:plain

江津方面から見てトンネル前を左折です。

 

よく見ると左手側の空き地に看板が出ていますが、背丈ほども伸びた雑草で見えません。

f:id:gaku_bolt:20161011100730j:plain

 

『森の銀座』という施設名ですが、路地を進んだ先は猿や熊が普通に歩いていそうな山道。

f:id:gaku_bolt:20161011100913j:plain

この路地に入ってしまえば、あとは一本道なのですが、携帯電話は圏外ですし、本当にこの道で大丈夫なのかと心配になります。

 

山道を走ると左手に自動販売機のある広い空き地があり、その右手にある坂道を上がった先が上津井温泉になります。

この道の先にも『上津井温泉』と看板を掲げた建物がありますが、今は使われていない昔の施設なんだそうです。

f:id:gaku_bolt:20161011101258j:plain

写真では分かりにくいのですが、この坂道が45°あるのではなかろうかという恐ろしい傾斜。

f:id:gaku_bolt:20161011101509j:plain

冬場は絶対に通りたくありません…。

 

坂道を上がると視界が開け、集会所のような施設が見えてきますが、それが上津井温泉『森の銀座』です。

f:id:gaku_bolt:20161011101653j:plain

看板が出ていなければ、ここが温泉だとは思わない外観。

内部もまんま集会所。

f:id:gaku_bolt:20161011102837j:plain

地元の人(この日はおばちゃん)で運営されているようで、中に入ると受付があり、料金(大人350円)を支払います。

f:id:gaku_bolt:20161011101822j:plain

こじんまりとした浴室。

お湯は濁り湯で鉄臭さがあります。

f:id:gaku_bolt:20161011102502j:plain

施設が開く14:00ちょうどに行ったため一番風呂でしたが、何しろ湯が熱い!

すると受付の方から「熱かったら水入れてな!」というおばちゃんの声が飛んできました。

まるで田舎にある親戚の家で風呂に入っているかのようです。

f:id:gaku_bolt:20161011102753j:plain

次第に熱さに慣れ、いい感じに湯に浸りました。

 

そして次々に地元の常連さんがやってくるのですが、なにしろ狭い浴室なので、3人も入れば満員御礼。

その場合は前室(休憩所)で団欒しながら順番待ちとなります。

 

私は完全によそ者ですが、風呂上がりにはお茶やお菓子を振る舞っていただきました

f:id:gaku_bolt:20161011103327j:plain

地元の人にとっては週末の憩いの場なのでしょう。

とてもアットホームな雰囲気で居心地が良く、座敷で昼寝したくなりました。

なかなかマニアックな温泉でしたが、オススメです。

 

なお、おばちゃんによれば、この付近では道を普通にイノシシが歩いていたりするそうです。

イノシシが出没する銀座って…。

 

道中には離合できない狭い箇所があり、急勾配の坂があり、イノシシも道を徘徊するようなので、訪問する際はくれぐれもご注意を。